カトリック平針教会ホームページ/TOP

日本二十六聖人殉教者に捧げられた教会

カトリック平針教会

     Hirabari Catholic Church

 

  プロフィールと歴史

カトリック平針教会の高い鐘楼

「カトリック平針教会」は、日本26聖人殉教者記念教会として 1979年に創設されました。

京都から長崎までの苦難の道のりを歩み殉職された「日本二十六聖人殉教者」に捧げられた教会です。

詳しくはクリック

  初めての教会

十字架のイエス様

主イエス・キリストの教えに興味 がある。 教会に行ったことはないけれども、一度行ってみたい。

知り合いがいなくて行きづらい。 そのような方へのご案内です。

詳しくはクリック

  十字架の道行きの祈り

秋山康恵氏、弟子の足を洗うイエスのレリーフ

聖堂内に秋山康恵氏による、イエス・キリストが 十字架を担って歩んだ 受難の道のりを 描いたレリーフが掲げられてます。ひとつひとつの場面を心に留めて祈り、黙想します。

詳しくはクリック

築35年経った私たちの教会の建物のリニューアル工事を行いました。

「錆びた部分」「劣化した部分」「タイルの剥離」「汚れ」「雨漏り防水」など工事でした。

 今後も末永く私たちの「故郷の教会」として存続していけるようにご協力をお願いします。

 目標金額は3年間で、リニューアル費用と同額の1500万円にしたいと思います。

  • 1家族、お一人様の献金額は特に定めておりません
  • 1口1,000円を基準に「毎月」でも、「まとめて」でも結構です。
  • 専用の封筒か振込用紙を利用して、献金くださいますよう、お願い致します。
  • 郵便振替口座番号  00860-1-105898    加入者名 カトリック平針教会
教会リニューアル工事献金のお願い

神父からのメッセージ

 私にとって七〇何回目かの夏となりました。だんだんその間隔が狭くなり、順序よく出来事を整理することが出来なくなった代わりに、全体を通して「何が大切か」が整理されてきたように思います。戦中生まれで、戦後の日本の歩みとともに人生を歩んできた私には、最近、感じることが多くなりました。

  平針教会では毎日、数人の方が参加してミサが行われています。毎日朗読される聖書の箇所が、私たちの毎日の現実に対する警告と思われる(黙想される)ことが多く感じられるよういになりました。第一朗読は旧約聖書の中から朗読されます。その箇所は、イスラエルの歴史の中での神様の働きを紹介しながら、私たちに日々の歩き方に指示を与えているように思います。そこで気がついたことは、人々が、たとえ一生懸命であれ、神様からの恵みを忘れて行動したときに、結果、常に混乱と不幸に見舞われるということでした。そしてそのような時、これまでの神様が働いて導いてくださったことを思い出させる指導者(預言者)が現れ、警告を発し、それに気がついた人々は、また祝福の内に暮らせたというものでした。

 夏は日本では、何かと歴史の出来事を考えさせる季節です。8月15日の終戦の日を中心に、戦争に至る社会状況の分析、戦争中の出来事、戦後の日本社会状況の報告、8月6日と9日の広島と長崎の原爆投下の話題が報道されます。また、夏の休暇もあり、日常とは違った時を過ごしながら、人間の本来の姿を見つめる機会となっていると思います。ます。このような話題は、私たちに過去を見つめ、過去から学ぶ機会となっていました。

 このような中で日本の教会では平和旬間が行われ、平和が祈られました。ここで気になったのは、「平和を求める」祈りが熱心に行われましたが、「回心」を求める祈りが聞こえなかったことです。私たちキリストに従うものは「過去の出来事を改心で振り返るだけではなく」、「真理を求める『回心』こそ平和の道」であることを信じていますので、これをもっと意識しても良いのではないかと思いました。

平針教会だより244号 より


八月は人の愚かさの一区切り。

人は、またこの愚かさを確認する。

八月は愚かさの始まりでもある。

被害者だけがその愚かさを知っている。

なぜなら、理不尽な悲しみの中に、「回心」を知っているから。

それを長崎浦上のカトリック信徒は、「摂理」として、受け止た。

為政者や加害者はこの愚かさを知らない。

なぜなら、回心がないから。

「小さなもの」にしか示されない真理の理不尽を信仰者は生きるのか。 

私は原爆の「ピカドン」は知らない。

しかし「ピカドン」が過ぎた後がどのような状態かは知っている。

それには理不尽な非情な現実があった。

ピカドンの四年後、「巡幸」とやらで、偉い人が来た。

列車が通り過ぎる線路わきに並ばされた。

ピカドンの後、長崎がどんなになったかを見に来たのだろう。

回心もなく。

ぼろぼろの服を着た小汚い子供たちが、何にもわからず、冷ややかな目で見ていた(ように思う)。

ピカドンの六年後、またある行列に参加した。

ピカドンの後、回心して被爆地に這いつくばって治療にあたった医師の葬儀だった。

彼自身がピカドンを生き延びた人だったが、ピカドンの影響で、ボロボロになって死んでいった。

相変わらず、ぼろぼろの服を着た子供たちが葬列を愛情こめて見送った。

そこには、悲しみと感謝がみなぎっていた(ように思う)。

そこには命を賭しても、守るべきものを示した者の死であった。

しかし、そこには死でなく、命があった。 

誰でも望む平和は条約の締結では来ない。

平和は「回心」のうちにある。

なぜなら条約を守り続けには「回心がなければ」、すぐに反故にされるから。

世界を動かすほどの「回心」の場に立つことはない。

しかし、個人としてはせめて回心しながら、永遠の中に生きて行こうと思う。

そこには、希望をもってこの世に生まれ、非業の内に死んでいった人が「人間の存在」の意義を示してくれるから。

平針教会だより244号 より

  • サイトマップ