カトリック平針教会ホームページ/TOP

日本二十六聖人殉教者に捧げられた教会

カトリック平針教会

     Hirabari Catholic Church

 

H31 1/24 インセン神父のメッセージ更新しました。(こちらから)

H30 5/29 平成18年度 平針教会年間予定表を掲載しました(こちらから)

H30 4/ 1 主任司祭にイグナシウス・クリスティアヌス・バサ(Ignatius Christianus BASA)神父(インセン神父)が就任しました。

H30 2/14 森山神父からのお別れの挨拶を掲載いたしました。(こちらから)

H31 1/24 インセン神父のメッセージ更新いたしました。

H31 5/29 平成18年度 平針教会年間予定表を掲載しました

H31 4/ 1 主任司祭にイグナシウス・クリスティアヌス・バサ(Ignatius Christianus BASA)神父(インセン神父)が就任しました。

H31 2/14 森山神父からのお別れの挨拶を掲載いたしました。

Dropdown content#1

Dropdown content#2





  プロフィールと歴史

カトリック平針教会の高い鐘楼

「カトリック平針教会」は、日本26聖人殉教者記念教会として 1979年に創設されました。

京都から長崎までの苦難の道のりを歩み殉職された「日本二十六聖人殉教者」に捧げられた教会です。

詳しくはクリック

  初めての教会

十字架のイエス様

主イエス・キリストの教えに興味 がある。 教会に行ったことはないけれども、一度行ってみたい。

知り合いがいなくて行きづらい。 そのような方へのご案内です。

詳しくはクリック

  十字架の道行きの祈り

秋山康恵氏、弟子の足を洗うイエスのレリーフ

聖堂内に秋山康恵氏による、イエス・キリストが 十字架を担って歩んだ 受難の道のりを 描いたレリーフが掲げられてます。ひとつひとつの場面を心に留めて祈り、黙想します。

詳しくはクリック

築35年経った私たちの教会の建物のリニューアル工事を行いました。

「錆びた部分」「劣化した部分」「タイルの剥離」「汚れ」「雨漏り防水」など工事でした。

 今後も末永く私たちの「故郷の教会」として存続していけるようにご協力をお願いします。

 目標金額は3年間で、リニューアル費用と同額の1500万円にしたいと思います。

  • 1家族、お一人様の献金額は特に定めておりません
  • 1口1,000円を基準に「毎月」でも、「まとめて」でも結構です。
  • 専用の封筒か振込用紙を利用して、献金くださいますよう、お願い致します。
  • 郵便振替口座番号  00860-1-105898    加入者名 カトリック平針教会
教会リニューアル工事献金のお願い



インセン神父からのメッセージ

皆さん、遅くなりましたが、改めましてクリスマスのお祝いと新年のご挨拶を申し上げます。皆さんの上に、今年も神の恵みが豊かにありますようにお祈りいたします。

 降誕節が終わりました。そして、新しい年が始まっています。しかし、私たちには、いつも主の降誕のメッセージが大切だと思います。クリスマスを祝うことにあたって、私たちが、まず思い出すのは、神の前に身を低くして、たたずんで祈っている、女の内に祝福された「聖母マリア」の姿です。 ご自分の身に起こった偉大な神の計画を、迷いながらも祈りをもって応えた聖母マリアの姿です。聖母を思い出すことは、同時に、その体内に宿られている御子と、いつもそばで静かに見守ってくれている正しい人、ヨゼフのことです。

新年の旅を歩み続けるわたしたちに、クリスマスの本質を教えてくださるのです。 

1.私たちの生活の安心と安全は、まず自分の生活の中で「祈り」「神とのつながり」を大切にすることです。ヨゼフとマリアのように、私たちも人生の迷路に迷い込んでも、大事なのは、平静に祈ることです。慌てずに、騒がずに、神に祈り、神と共に歩み、その出口を探し求めることです。 

2.クリスマスの場面や出来事が可能になったのは、神と人間との協力。ヨゼフ、マリア、羊飼いたちとの協力があったからです。私たち自身、私たちの家族、教会、社会の安心と安全の鍵を握っているのは、私たち自身です。私たちには協力したい、共生したいという気持ちがあるのでしょうか。協力と共生をするためには、お互いのことを認め合い、補い合うことです。

3.クリスマスは「平和」の源である神。その神の幼子イエスの中に、私たちの間に、私たち一人ひとりの中に降誕されたのです。目に見えない神が「インマヌエル」となり、私たちと共におられることは、大きな喜びとなり「大安」になると思います。

 この主の降誕のメッセージを大切にいつも心に留めていただければと思います。 新年が始まりました。新しい巡礼の旅が始まります。新年にはどんなことが起こるのか分かりませんが、分かっていることは、どこにいても、どんなことがあっても、私たちは一人ではありません。神様は私たちと共に歩んでおられます。神様は私たちの歩みをいつも見守ってくださいます。神様に助けられながら、私たちは人生の旅を歩んで行くのです。

 

平針教会だより254号 より


  • サイトマップ