カトリック平針教会ホームページ/TOP

日本二十六聖人殉教者に捧げられた教会

カトリック平針教会

     Hirabari Catholic Church

 

H31 4/06 インセン神父のメッセージ更新しました。(こちらから)

H30 5/29 平成18年度 平針教会年間予定表を掲載しました(こちらから)

H31 4/06 インセン神父のメッセージ更新いたしました。

H30 3/30 ニケア・コンスタンチノープル信条のすすめを掲載しました

H31 5/29 平成18年度 平針教会年間予定表を掲載しました

Dropdown content#1

Dropdown content#2


Placeholder image

  プロフィールと歴史

カトリック平針教会の高い鐘楼

「カトリック平針教会」は、日本26聖人殉教者記念教会として 1979年に創設されました。

京都から長崎までの苦難の道のりを歩み殉職された「日本二十六聖人殉教者」に捧げられた教会です。

詳しくはクリック

  初めての教会

十字架のイエス様

主イエス・キリストの教えに興味 がある。 教会に行ったことはないけれども、一度行ってみたい。

知り合いがいなくて行きづらい。 そのような方へのご案内です。

詳しくはクリック

  十字架の道行きの祈り

秋山康恵氏、弟子の足を洗うイエスのレリーフ

聖堂内に秋山康恵氏による、イエス・キリストが 十字架を担って歩んだ 受難の道のりを 描いたレリーフが掲げられてます。ひとつひとつの場面を心に留めて祈り、黙想します。

詳しくはクリック

ニケア・コンスタンチノープル信条のすすめ

カトリック平針教会の高い鐘楼

日本のカトリック教会では、信仰宣言として「使徒信条」のみを使用している教会がほとんどだと思いますが、平針教会ではおもに「ニケア・コンスタンチノープル信条」を唱えています。このニケア・コンスタンチノープル信条の豊かな教えの内容について、平針教会典礼委員の多田哲也が、自分自身の信仰の分かち合いも含めて解説します。 詳細全文はこちらからご覧いただけます。(その6)以下、二、三ヶ月に一度更新予定です。

詳しくはクリック

リニューアル 工事献金のお願い

築35年経った私たちの教会の建物のリニューアル工事を行いました。

錆びた部分」「劣化した部分」「タイルの剥離」「汚れ」「雨漏り防水」など工事でした。

 今後も末永く私たちの「故郷の教会」として存続していけるようにご協力をお願いします。

 目標金額は3年間で、リニューアル費用と同額の1500万円にしたいと思います。

教会リニューアル工事献金のお願い


  • 1家族、お一人様の献金額は特に定めておりません
  • 1口1,000円を基準に「毎月」でも、「まとめて」でも結構です。
  • 専用の封筒か振込用紙を利用して、献金くださいますよう、お願い致します。
  • 郵便振替口座番号  00860-1-105898    加入者名 カトリック平針教会



インセン神父からのメッセージ

 人間は社会的な生き物です。社会的な生き物として、人間は平和な生活を実現するために他の人と協力しなければならないのです。アリストテレスという哲学者はこのように社会的な生き物を解釈しました。

「社会的な生き物はZOON POLITICON」ということは、人間は社会の中で他の人と互いに生活し、相互作用するということです。そして、他の人と相互作用するために移動するということが必要になると思います。

人間は毎日移動しています。そして、移動している時に何かを残しているのです。少なくとも、自分の足跡を残します。ですから、移動することによって私たちは何かを残します。

 私は9年前に宣教師として家族や国の友達を残し、日本に来ました。そして、2年間ぐらい、南山大学で日本語を勉強してから長崎の聖ルドビコ神学院に派遣されました。2013年から2017年まで仙台教区に派遣されました。そして、同年11月から平針教会に移動することになりました。私は移動で多くのものを残していることに気づいたのです。移動することによって色々なことを学ぶことができるし、無意識に何かを残しています。

 3月に入りました。日本では4月の人事異動により人は移動します。私たちにはカトリック信徒として典礼があります。毎年一つの典礼から一つの典礼に移動しています。今は四旬節に入っています。そして、復活祭、待降節、降誕節と続きます。典礼によって、移動することは残すことと言われたら何かを残すのか。イエス様の教えの中で、古い人を脱ぎ捨て、新しい人となりなさいとよく耳にします。私たちは移動することによって、普通の移動あるいは一つの典礼から一つの典礼に移動することによって、色々なことを学びながら、古い自分を脱ぎ捨て、新しい人となってこれから色々なことを学んでいくことが出来ると思います。

 

平針教会だより254号 より


  • サイトマップ