カトリック平針教会ホームページ/TOP

日本二十六聖人殉教者に捧げられた教会

カトリック平針教会

     Hirabari Catholic Church

 

  プロフィールと歴史

カトリック平針教会の高い鐘楼

「カトリック平針教会」は、日本26聖人殉教者記念教会として 1979年に創設されました。

京都から長崎までの苦難の道のりを歩み殉職された「日本二十六聖人殉教者」に捧げられた教会です。

詳しくはクリック

  初めての教会

十字架のイエス様

主イエス・キリストの教えに興味 がある。 教会に行ったことはないけれども、一度行ってみたい。

知り合いがいなくて行きづらい。 そのような方へのご案内です。

詳しくはクリック

  十字架の道行きの祈り

秋山康恵氏、弟子の足を洗うイエスのレリーフ

聖堂内に秋山康恵氏による、イエス・キリストが 十字架を担って歩んだ 受難の道のりを 描いたレリーフが掲げられてます。ひとつひとつの場面を心に留めて祈り、黙想します。

詳しくはクリック

築35年経った私たちの教会の建物のリニューアル工事を行いました。

「錆びた部分」「劣化した部分」「タイルの剥離」「汚れ」「雨漏り防水」など工事でした。

 今後も末永く私たちの「故郷の教会」として存続していけるようにご協力をお願いします。

 目標金額は3年間で、リニューアル費用と同額の1500万円にしたいと思います。

  • 1家族、お一人様の献金額は特に定めておりません
  • 1口1,000円を基準に「毎月」でも、「まとめて」でも結構です。
  • 専用の封筒か振込用紙を利用して、献金くださいますよう、お願い致します。
  • 郵便振替口座番号  00860-1-105898    加入者名 カトリック平針教会
教会リニューアル工事献金のお願い

神父からのメッセージ

主任司祭 森山勝文

明けましておめでとうございます。

日本晴れで始まった新年の元旦は(主の日)日曜日にあたり、特別な思いで迎えました。世相は複雑・自己中心・経済中心の中でうごめいています。それぞれ一所懸命だろうと思いますが、所詮救いを必要としている人間の動きです。そこには限界があり、不完全な部分があります。 「特別な思い」といいますのは私たちキリスト者(カトリック者)には、日曜日は「主の日」とされ、主の復活を記念する日であり、この日が一年の始まりになったからです。またこの日は旧約聖書の創世記の中には「天地創造の業を完成させた後七日目安息された」という記載もあおり、「日曜日の意味」を考えさせられる機会となっています。 このように考えると、元旦日曜日は、過ぎた一年の完成祝いであり、新しい年の出発の時として実感させます。創造の業に協力している人間、完成に向かう人間として、あるべき方向と姿勢を自覚覚悟させる機会といえます。 世界の中で生きている私たちは、その世界の中で働いている神の恵みに気づきながら、完成に向かって出発しましょう。
Placeholder image

平針教会だより239号 より



教会委員 藤本 建夫

明けましておめでとうございます。

信徒の皆さま方におかれましては健やかに佳き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。昨年中は皆さまの暖かいご理解ご協力のもと、少しなりとも教会委員の役割を果たすことができましたことを深く感謝しています。

「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」(マタイ18-20)

委員としての今年の抱負は、このみ言葉を改めて深くかみしめ、信徒の交わりの中にイエス・キリストの存在を意識できるような教会活動を今まで以上に元気に行っていきたいと思っています。

教会のミサには与るがあまり信徒の人とは声を交わしたことがないといった方も多いかと思います。そんな方にも声をかけ、信徒の輪の中へ入っていただくような取り組みにも積極的に取り組んでいきたいと思っています。委員一丸となって頑張る所存ですのでよろしくお願いします。

Placeholder image

平針教会だより239号 より


主任司祭 森山勝文

明けましておめでとうございます。

私は小教区で仕事をするときできれば正月には門松を正月飾りとして設置することにしている。

「門松は年神様を迎える異教の風習ではないですか」と尋ねられる。確かに起源はそうかもしれない。しかし今や「宗教信仰行事」というよりも新年を迎える「日本の文化」の風習となっていないかと思う。

クリスマスツリーなども元を質せば異教の習慣ではなかったか。それが今や聖堂の中に飾られる。今や世間でも季節の飾りとして取り入れられている。それは精神文化の表現ではないかと思う。

子供の頃(長崎の浦上教会ですが)迫害を耐えた信徒がクリスマスと正月をこのような飾りで時の流れの中で神の恵みを感じたことが原点にある。(森山)

Placeholder image


壮年会のよる門松作り風景

 

門松に必要な材料の切り出しから入手まで自前でおこなった。

年ごとに立派になる。

平針教会だより239号 より

  • サイトマップ