カトリック平針教会ホームページ/TOP

日本二十六聖人殉教者に捧げられた教会

カトリック平針教会

     Hirabari Catholic Church

 

  プロフィールと歴史

カトリック平針教会の高い鐘楼

「カトリック平針教会」は、日本26聖人殉教者記念教会として 1979年に創設されました。

京都から長崎までの苦難の道のりを歩み殉職された「日本二十六聖人殉教者」に捧げられた教会です。

詳しくはクリック

  初めての教会

十字架のイエス様

主イエス・キリストの教えに興味 がある。 教会に行ったことはないけれども、一度行ってみたい。

知り合いがいなくて行きづらい。 そのような方へのご案内です。

詳しくはクリック

  十字架の道行きの祈り

秋山康恵氏、弟子の足を洗うイエスのレリーフ

聖堂内に秋山康恵氏による、イエス・キリストが 十字架を担って歩んだ 受難の道のりを 描いたレリーフが掲げられてます。ひとつひとつの場面を心に留めて祈り、黙想します。

詳しくはクリック

築35年経った私たちの教会の建物のリニューアル工事を行いました。

「錆びた部分」「劣化した部分」「タイルの剥離」「汚れ」「雨漏り防水」など工事でした。

 今後も末永く私たちの「故郷の教会」として存続していけるようにご協力をお願いします。

 目標金額は3年間で、リニューアル費用と同額の1500万円にしたいと思います。

  • 1家族、お一人様の献金額は特に定めておりません
  • 1口1,000円を基準に「毎月」でも、「まとめて」でも結構です。
  • 専用の封筒か振込用紙を利用して、献金くださいますよう、お願い致します。
  • 郵便振替口座番号  00860-1-105898    加入者名 カトリック平針教会
教会リニューアル工事献金のお願い

神父からのメッセージ

 「光陰矢の如し」ということわざを中学生のころに英語と日本語で知った。しかし今は「知る」のではなく、「体験し、実感している」。世の中の出来事は、振り返るまもなく、いろいろなことが起こる。それに「福音の視点では」など言っておれないほどの勢いで押し寄せてくる。子供にも青年にも大人にも、男にも女にも、家庭にも地域にも、国にも、世界にも、経済活動にも社会活動にも、容赦なく「出来事」は押し寄せてくる。

 残念なのは、それに翻弄されていることに気が付かないで過ごしていることだ。 そんな中、黙想会の下見ということで、企画している信徒のみなさんと一緒に信州・軽井沢に案内同行した。信州・軽井沢は一年間過ごしたところで、私には「故郷」のような場所である。下見での感想は参加者に書いていただいたのでお読みいただくとして、私には「光陰矢の如し」を実感している参加者には、私が思った通りの感想でうれしく思った。

  名古屋からの道中、信州の鎌倉といわれる上田の近く「塩田平」に寄った。そこには千年以上の歴 史があり、山腹に散在するお寺は現在でも宗教信仰施設として生きており、日本文化の中の宗教 施設の在り方を示しているように思う。その中に「無言館」という人間の悲しさを示す施設もある そして、軽井沢。そこは明治以降、文明開化の中で発展してきたところであるが、自然を破壊することなく設置された雰囲気は、自然の恵みを感じさせるところである。 

 神学生のころ夏、そこで黙想することに「贅沢である」と大先輩の外国からの宣教師にかみついたことがある。その時、宣教師は「贅沢以上のものをここで見出さなければ私たちの仕事はできない」と静かに諭された。軽井沢を愛したその宣教師は一度も帰国することなく日本で宣教活動し、日本の土になった。

 怒涛の如く押し寄せる時代の波に、押し流されることなく生きるためには、神様が用意してくださる歴史、自然、文化を深く洞察していかなければならないと思う。

 若気の至りで言った「贅沢である」という感覚は、信州を巡りながら、軽井沢を散策しながら、感謝とともに、「失いたくないもの」を思い出させるものに変わってきた。皆さん にも味わわせたいと思う。

Placeholder image

軽井沢・見晴台にあるインドの詩聖タゴールの像。遠く関東平野を眺めている。

日本の自然に感激しながら、時の政治に警告を発した。

平針教会だより237号 より


コラム 「神父のやぶにらみ」

 私の関わる聖霊病院でこれまで明らかにしなかった「出生前の性別告知」を、希望者には告知することになり、診断技術と時代流れの中での解禁となりました。

 以前、胎児に対しての扱いが産み分けの判断になったりする風潮の中で、禁止されていたのですが、今では「神から与えられた命の絶対的な尊厳と尊重を意識し、親になることに対して覚悟を持つこと」が強調される時代になったことから判断されました。

  「子育て」よりも「働く」ことが優先される風潮の中で、命が軽んじられています。また、「役に立つか立たない」で、人間の存在が計られる風潮も蔓延してきています。また、「主義主張に合うか合わない」で人の命が見られるようになってしまっています。

  「人間の生命をなんと思っているのか」「人間の存在をなんと心得ているのか」と言いたくなる時代の中で、「生命の始まり」から「尊重と尊厳」を意識し、意識されることは、緊急の課題だと思う。親になる者も社会も生命について、いつも最大の課題として受け止めていかなければ、今日の諸問題は解決しないと思う。

 「生命が第一」とは言うが、関わり方は「第二以下」になっている。「性別告知」が「命の尊重と関わりの深い自覚につながる」ことを、心から願う。     (森山)

平針教会だより237号 より